国土交通省近畿地方整備局長指定確認検査機関・登録住宅性能評価機関・登録建築物調査機関

お電話によるお問合せは06-6231-1950

よくある質問と回答

■住宅金融支援機構・フラット35編

  1. Q1

    後付はできますか?

    A1

    当社及び特定行政庁で確認を受けた物件のみ取扱いますが、なるべく確認申請時にお申し込み下さい。
  2. Q2

    [フラット35]竣工済みの一戸建て等の適合証明は受けられますか?

    A2

    次の場合に受けることができます。
    1. ①確認検査が必要な住宅は、検査済証が必要です(築年数が2を超え又は既に人が住んだことがある住宅は、中古住宅になります。)
    2. ②現場検査(中間)も合わせて検査する為、工事の状況を記録した書類又は現場における施工時の写真などの準備が必要になります。
  3. Q3

    フラット35登録マンション制度とは、どんな制度ですか?

    A3

    設計検査、竣工現場検査、適合証明は、事業者が団地単位(全住戸について申請。但し、面積、規模など、技術基準に該当しない住宅は除く。)で一括して申請を行う(一括申請)制度です。なお、竣工現場検査、適合証明書(金融機関用)は、通常申請の住戸分作成・交付するが、当該制度の場合は、1申請につき、1通作成・交付することになります。
    なお、等級を取得する住宅性能評価住宅については、設計検査を省略し、現場検査(竣工)・適合証明から手続きを行うことができます。
  4. Q4

    中古の一戸建木造住宅の適合証明を受けられますか?

    A4

    住宅の次の耐久性が確認できる書類(平面図、矩計図、写真、納品書等)が必要になります。
    1. ①土台は、ひのき、ひば、 くり等の製材又は集成材であること。
    2. ②防腐、防蟻処理剤(保存処理性能区分k3相当以上)であること。
  5. Q5

    中古のマンションの適合証明は、受けられますか?

    A5

    マンションの共用部分の劣化調査の他、次のものが必要になります。
    1. ①修繕積立金、修繕等の管理組合の業務を定めた管理規約
    2. ②対象期間が20年以上などの長期修繕計画
株式会社日本確認検査センター
[本社]大阪府大阪市中央区北浜3丁目1-21 松崎ビル6階 電話:06-6231-1950 FAX:06-6231-1951 e-mail:info@nikkaku.jp
[阪神事務所]西宮市池田町9-7 フレンテ西館2階 電話:0798-78-3050 FAX:0798-26-1320 e-mail:hanshin@nikkaku.jp
是非当社までご用命下さい。